あまねびより

日々感じた事や思ったことを気ままに書いてます

国際結婚の手順が複雑だったのでざっくり紹介する

 

 初めまして、オトマックスです!

 

国際結婚と書くとなんだか堅苦しいけれど、私が結婚して四年。色々ありました!

国籍が違うだけで色々めんどくさいな〜と思ったけど、まあ初めだけかな、と!
初めの入籍までが果てしなく長かったな、とふと思ったので紹介します

 

 

 

f:id:ton624253:20170330214823j:plain

 

オトマックスの国際結婚

結婚しようか、という話になって相手のご家族に挨拶に行く時に中国人と言われ(?!)ちょっとびっくりしながらの結婚でした。なぜ今言う?!という感じで・・
相手の親御さんは中国人だから私の親は反対するんじゃないか、とか食の好みとか心配していたようです。
私の親はなんだかはじめは反対していましたが、なんだかんだで今では皆仲良くしています。
正直、結婚してから実家との付き合いが増えました!
 
 

入籍をするために中国大使館へ

入籍をするためには婚姻届を書いて役所へ提出っていうのもしますが、国籍が違う場合は大使館へ言って独身ですよ、という証明と結婚しますっていう届け出が必要です。

六本木の中国大使館まで2回くらい行ったのが非常にめんどくさかったですね!(しかも午前中しかやってない)
その証明書と婚姻届をもって役所へ行ったんですが、役所の人も慣れてないせいか受理されるまで時間がものすごく時間がかかりました。
 
 

家庭裁判所に行き苗字を変える

役所で婚姻届が受理された!けれど苗字が変わっていない!!
何故か?と聞いたら 我が家の場合
 
例:李 青龍  通称名 山田太郎
 
ってな感じで名前が2つあるんですね。
黄って苗字なら役所でできるけれど山田姓にしたい場合は家庭裁判所に行って申し立てをしないといけないという感じです。
 

本籍を変えて本籍の筆頭者に

家庭裁判所で手続きが済んだら貰った用紙をもって役所に行き苗字を変えて苗字変更の手続きは終了です。
結婚して苗字も変わったので本籍はどうしますか?と聞かれ、実家にあるのも苗字が違うし変なので本籍を自分の現住所に変えました。
外国人は本籍というか国籍が違うので筆頭者にはなれないらしく、私が筆頭者に。ただ住民票でいう世帯主は夫になってるのでなんかちょっとよくわからないですね! 
 

文化の違い

夫の家族は日本に来て20年?のベテランなので特にギャップは感じませんでした。
家族や親戚との繋がりをすごく大切にしてると感じましたね!
食事を一緒にする、ってのもすごく多いかなと思います。食事やお酒の交流が多いかな〜お酒が強いとカッコイイ?!みたいな感じらしいです。
何度か中国の方に行きましたが親戚の人たちが本当に仲が良い&いつも一緒にいる! 
あとは割り勘とかは存在しないのも印象的でした。奢るか奢られるか!お会計の時なんかは、お会計の紙?の奪い合いしてます。
ざっくりまとめると良く言えば仲がいい、悪く言えば距離が近すぎる という感じ
 

言葉の壁

私はほぼ中国語がわかりません。なので家族とか親戚と食事しているときはほぼ何言ってるのか理解してません。
そんな生活にも慣れました!
黙々と美味しいごはんを食べます。笑
でもたまに何言ってるのかわかるので言われたことに日本語で返すくらいはします。
多分ほぼ毎日中国語を聞いているのですこしわかるようになったのかな、と思います。
天然のスピードラーニングなのか?
中国に1カ月くらい居ればすこしは喋れるようになるのかもしれませんね。
 

まとめ

我が家はけっこう一家仲良くやっている方だと思います。
結婚って相手だけではなく相手の親御さんとか兄弟とも仲良くやっていかないと と不安でしたが、お互い思いやりの気持ちを持って接していれば大抵上手く行くかな〜なんて!
言葉が上手く伝わらなくても翻訳アプリとか夫に言ってもらったり!アバウトな感じですね
 
入籍するまでに
役所2回
大使館2回
あとはそれぞれに必要書類や経費を電話で問い合わせ・・
 
結婚するのも大変だな、と
今後そうなる方がいれば参考にしてみてください。
 
ではまた!
暇つぶしによろしければ読者登録お願いします!